mineoの特長

端末

店舗

Webでの新規申し込みが不安な方は、お気軽にご来店ください。

申込ガイド

サポート

コミュニティ

マイネ王は、全国のmineoユーザーや
mineoスタッフたちが交流している
コミュニティサイトです。
コミュニティサイト
マイネ王

おすすめコンテンツ

通信キャリアを変えても電話番号そのまま!MNP(ナンバーポータビリティ)の仕組みとは?

mnpとは

掲載日:2023年12月15日 更新日:2023年12月22日

「MNP(ナンバーポータビリティ)」は、通信キャリアを気軽に乗り換えられる方法として多くの方が活用している制度です。2006年に開始され、現在ではごく当たり前に使われている制度ですが、具体的にどのようなものかご存知ない方もいらっしゃるのではないでしょうか?
本記事では、MNPの仕組みやメリットを分かりやすく解説します。MNPを利用する際の手順についても触れているので、気になる方はぜひ参考にしてください。

MNP(ナンバーポータビリティ)とは

MNPとは「Mobile Number Portability:モバイル・ナンバー・ポータビリティ」の略称で、電話番号を変えずに他の通信キャリアに乗り換えることができる制度です。

以前は、通信キャリアを乗り換えると、それまで使用していた携帯の電話番号は使えなくなっていました。電話番号は個人のさまざまな情報やサービスと紐づいているため、通信キャリアを変更する度に電話番号が変わっていては、何かと不便が生じるため、躊躇していた方も少なくはなかったでしょう。

MNPを利用すれば、携帯電話番号の変更に伴うさまざまな手間や不便をなくせるため、近年はMNPを利用する方法がスタンダードです。

MNP(ナンバーポータビリティ)のメリット

MNPを利用すると、以下のようなメリットを得られます。

電話番号変更の周知不要

通信キャリアを乗り換えるためには、現在の契約を解約する必要があります。その際、通常であれば電話番号も手放すことになってしまいますが、MNPで乗り換えることによって、番号をそのままに通信キャリアを変更できます。

電話番号が変わると、連絡先を交換しているすべての人に新しい番号を周知する必要が生じてしまいます。しかし、MNPなら現在の電話番号をそのまま使い続けることができるため、周りの人に知らせる必要はありません。

また、クレジットカードや通販サイトなど、さまざまなサービスに登録している連絡先も変更する必要がなく、手続きの手間を軽減できます。

通信キャリアを変えるハードルが下がる

「電話番号が変わる」というのは、通信キャリアの乗り換えにおいてもっとも大きなハードルといっても過言ではありませんでした。MNPなら電話番号が変わってしまう心配がないため、現在の通信キャリアにこだわらず、さまざまな通信キャリアのなかからサービスを自由に選択することが可能です。

近年は、大手通信キャリアのサブブランドや格安SIMなど、幅広いサービスが登場しています。料金やデータ容量、サポート内容など、さまざまな観点から自分にぴったりのサービスを選べるでしょう。

キャンペーンを活用できる場合がある

MNPで通信キャリアを乗り換えると、おトクなキャンペーンを利用できる場合があります。

気になる通信キャリアがあれば、キャンペーン情報をチェックしましょう。

MNP(ナンバーポータビリティ)の手順

MNPの手続きには、「ツーストップ方式」と「ワンストップ方式」の2種類があります。

契約中の通信キャリアを「移転元」、乗り換え先の通信キャリアを「移転先」として、それぞれの手順を解説します。

ツーストップ方式(従来方式)

MNP制度の開始から現在まで使用されてきた方法で、移転元と移転先、それぞれの通信キャリアで手続きを行います。

1.移転元にMNP予約番号の発行申請

移転元の通信キャリアで、MNPを利用するための「MNP予約番号」の発行を申請します。
手続きは無料で、オンライン上で行えるほか、電話や店舗でも申し込み可能です。ただし、電話や店舗での申し込みには手数料がかかる場合があります。

2.移転元から解約の事前説明を受け「MNP予約番号」を受領

移転元の通信キャリアから「MNP予約番号」を受け取りましょう。
その際、解約やMNPの手続きに関する事前説明を受けます。

3.移転先に「MNP予約番号」を伝えて申し込み

移転先の通信キャリアに「MNP予約番号」を伝え、新規契約を申し込みましょう移転先にて手続きが完了した日をもって、移転元の契約は自動的に解約となります。

ワンストップ方式(新方式)

2023年5月24日からスタートした、新しい手続き方法です。従来のツーストップ方式とは異なり、予約番号なしで通信キャリアの乗り換えができます。

なお、ワンストップ方式はWeb申し込みのみなので注意しましょう。また、移転元・移転先双方がワンストップ方式に対応している必要があります。

○ ワンストップ方式を採用している通信キャリアは、2023年7月3日時点で14社です。

1.移転先の通信キャリアで「MNPワンストップ」を申し込む

移転先の通信キャリアにて、「MNPワンストップ」を申し込みます。
移転元の事業者名とサービス名を選択し、MNPを行う電話番号を入力しましょう。

2.移転元の通信キャリアで転出手続き・解約手続き

移転元のWebサイトに自動的に遷移後、マイページにログインします。解約にあたっての重要事項が記載されているため内容を確認しましょう。

3.移転先のWebサイトへ遷移し、契約を完了

解約確認を終えると、再び移転先のWebサイトに遷移します。そのまま手続きを進めていくと申し込み完了です。移転先でのすべての契約手続き完了をもって、移転元の契約は自動的に解約となります。

MNP(ナンバーポータビリティ)の注意点

MNPを利用する際は、以下の点に注意しましょう。

MNP予約番号には有効期限がある

ツーストップ方式の場合、移転元で発行する「MNP予約番号」には、番号取得日も含めて15日間の有効期限があります。なお、移転先によっては「申し込み時点でMNP予約番号の有効期限が◯日以上残っていること」といった規定が設けられている場合もあるため、あらかじめ確認しておくと安心です。移転先での申し込み予定日から逆算して、計画的にMNP予約番号を取得しましょう。

MNPを利用して、電話番号そのままおトクなサービスに乗り換えましょう

連絡先変更や手続きが不要になるMNP(ナンバーポータビリティ)を活用すれば、通信キャリア乗り換えのハードルがグッと下がります。現在の通信キャリアにこだわらず、自分に合った料金プランのある通信キャリアや格安SIMなど、お好きな通信キャリアを選択しやすくなるでしょう。

2023年5月には、手続き方法が簡略化された「ワンストップ方式」がスタートするなど、ますます便利な制度となったMNP。「通信費を見直したいけど、電話番号が変わるのは面倒」という方は、この機会にぜひ検討してみてください。

関連記事

一覧に戻る